需要と供給とは?転売ビジネスで稼ぐ基本

よしお社長

こんにちは!よしお社長です!

転売を始めようと思っている方に向けて「転売ビジネスにおける需要と供給の考え方」を解説していきます。

需要と供給という言葉は中学校あたりでも学んだと思いますが、日常的に聞く言葉ではあまりないですよね。

ですが、転売ビジネスにおいては需要と供給のバランスを意識できるかどうか?で成功が全て決まると言っても過言ではありません!

この記事で得られる情報は以下の2つです。

・転売ビジネスにおける需要と供給の正しい考え方

需要と供給を調べるツールKeepaとは?

では、早速本編にいきましょう!

よしお社長

この記事で話すのは基礎的な知識なので転売初心者はぜひチェックしてください!

需要と供給ってなに?

そもそも需要と供給とは何か?ですが、それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

需要:消費者の買いたいという意欲

供給:生産者の売りたいという意欲

需要とは

まず需要とは「消費者の買いたいという意欲」のことです。商品を欲しいと思う気持ちが強さのことですね。

例えば夏になると海やプールに行く人が多くなるため、自然と水着を欲しいと考える人が増えてきます。これが需要が高まった状態です!逆に冬になると水着の需要は下がりますね。

供給とは

続いて供給とは「生産者が商品を売りたいという意欲」のことです。

夏になればデパートやショッピングモールは「水着が売れそうだ!」とたくさんの水着を仕入れますが、逆に需要が下がる冬になると水着を販売する店舗は減っていきますね。

需要と供給の関係

需要と供給は常に連動していて、需要が高まるとそれを満たすために供給量が増え、供給量が多くなりすぎると商品が欲しいという需要は減っていきます。

転売ビジネスはシンプルに、水着の需要が高まる夏に水着を仕入れ、アウターの需要が高まる冬にダウンジャケットを仕入れるビジネスです!

逆に冬に水着を仕入れても売れませんし、夏にダウンジャケットを仕入れても売れないのは誰でもわかりますよね・・・。

転売ビジネスは需要と供給のバランスをいかに見極めるかが全てと言っても過言ではありません!

需要と供給の関係はシンプルに以下の2パターンしかありません。

需要が供給を上回る
供給が需要を上回る

まずは「需要>供給」のパターン。

このパターンの場合、欲しい人が多いにも関わらず供給すべき商品が足りていません。つまり商品の持つ価値が定価以上に上がっている状態です。この状態になった商品は、新品を定価で仕入れてもプレミア価格で売れることがあります!

次に「供給>需要」のパターン。

需要以上に商品が供給されている状態です。つまり商品が余っている状態なので、価格を下げないと売れません。価格が下がると当然、赤字になるリスクが高まります!

ここまでの解説でわかりましたよね?

そう、転売ビジネスで利益をうまく出すためには「需要が多く供給が少ない商品」を探さないといけません!

逆を言えば「需要の多い商品を見つけるスキル」さえ身につけば誰でも利益を出すことができるシンプルなビジネスモデルです。馴れてしまえばめちゃくちゃ簡単ですよ!

転売ビジネス初心者

でも商品の需要と供給なんてどうやって見極めればいいの?

そう思ったあなた!安心してください!

転売プレイヤー御用達の誰でも販売商品の需要と供給を知ることができる便利なサイトがあります。それがKeepaです!

需要と供給がわかるサイトKeepaとは?

KeepaとはAmazonの商品販売データが見れるサイトで、転売ビジネスで稼ぎたい人は利用必須のツールです。

Keepaでは直近の販売価格の推移・出品者数の推移・販売数の推移などをデータで見ることができ、それらのデータをチェックして商品を仕入れるべきかどうか?の判断をします。

転売ビジネスを始めようと思うのであればまず登録だけでも済ませておくのがオススメです!

→Keepaの登録はこちらから

Keepaの見方:どうやって需要と供給を調べる?

「Keepaでどのように需要と供給を調べるのか?」ですが、Keepaでは以下の2つの指標がそれぞれ需要と供給の判断基準になります。

需要=ランキング
供給=出品者数

1つめの指標がランキング。ここで需要を判断します。

ランキングでは「商品が売れ筋かどうか」を判断することができます。ランキングが高い商品であるほど需要が高まっているということなので、ランキングが高い商品を仕入れれば売れる確率が高くなります。

もう1つの指標が出品者数。供給の判断基準です。

出品者数はその名前の通り「商品を出品している人が何人くらいいるか?」を表す数字で、出品者数が多いほどライバルが多いことになります。あまりにも出品者数が多い商品は値崩れを起こしやすいので注意が必要です。

他にも見るべき数値はいくつかありますが、まずは「ランキングが高く出品者数が少ない商品を仕入れる」ということを覚えていればOKです。

Keepaの使い方

Keepaでどんな数字を見るべきか?についてはまた別の記事で詳しく解説をしていこうと思います。解説記事が完成したらその都度リンクを当記事に貼っていきますから、ぜひ当記事をブックマークしておいてください。

まずはKeepaに登録してみよう

Keepaを使ってなんとなくランキングを眺めていると「あーこの商品はこの時期に売れるのか」とか「この商品去年も売れてたなー」なんて気づきを得ることがよくあります。

転売ビジネスは慣れも大切です!まずはKeepaに登録して転売ビジネスの第一歩をスタートしましょう!

→Keepaの登録はこちらから

よしお社長

最後まで読んでいただきありがとうございました!

楽天ポイントせどりで今すぐ利益をあげたいあなたへ



仕入れるだけで利益が見込める、楽天ポイント利益商品を100商品集めたリストを無料配布中です!

よしお社長のLINE公式を友達追加してくれた方に無料プレゼント!

今すぐボタンをクリックして友達追加してください^^↓↓↓

今すぐよしお社長を友達追加する  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です