税金が安くなる!?物販プレイヤーが開業後に提出した方が良い届出は?

よしお社長

こんにちは!よしお社長です!

物販を始めたての人が意外と気になるのが税金のこと。

 

税金は知っているか知らないか?で節税できる金額が大きく変わる仕組みがたくさんあります。

 

中には開業するタイミングでやっておいた方が良いこともいくつかあるので、本記事で「開業のタイミングで節税のためにできること」をいくつかご紹介していきます。

 

開業後に出した方が良い届け出

 

物販を始める人が開業のタイミングで提出した方が良い届出は主に以下の3つです。

①開業届

②青色申告申請

③古物商許可申請

①開業届

開業届はその名のとおり、新しく事業を開業した時に提出する書類のことです。

 

開業届のテンプレートは国税庁のHPにあるので、そちらを参考にしてみると良いと思います。

開業届は出さないでも良い?

 

副業は開業届を出す必要がないと聞いたことがある方がいると思います。 

 

法律上、開業届の提出義務はなく罰則もありませんが、所得税法229条で開業届の提出は義務となっているので一応提出はした方が良いです。

・開業後1ヶ月以内に提出する

・1ヶ月以上経過していた場合でも、青色申告で必要

というのがルールなので、基本的には提出した方が良いですね。

②青色申告申請

⻘色申告の承認を受けるための届出です。 ⻘色申告は2種類ありますが、メリットの大きい複式簿記による申告をおすすめします 

 

こちらもテンプレートが国税庁のHPにあるので、そちらを参考に。

③古物商許可申請

中古品を扱う場合は古物商許可申請が必要です。

 

古物商許可を受けるためには、営業所を管轄する警察署を経由して、都道府県の公安委員会に対して申請をしなければなりません。自治体によって異なるので、地元の警察署に問い合わせてみるのが一番確実です。

 

古物商許可は取得することで節税になる、といった特典はないので今回の記事では詳しい解説は割愛します。また別の記事で深堀するので後々紹介しますね。

 

開業届を出すメリットとデメリット

開業届の提出は義務化されていますが、実は提出することでメリットとデメリットの両方があります。それがこちら。

 

 

 

扶養から外れる場合と失業保険を受ける予定のある場合のみ注意が必要です。上記の表を参考にして適切なタイミングで開業届を出すのがオススメですね。

青色申告でどれくらい節税できる?

青色申告と白色申告の違い

節税のためには青色申告をするのが基本です。青色申告をしないと自然と白色申告になるのですが、白色申告では控除できるものが非常に少なくなるので断然青色申告をすることをおすすめします。

 

節税面で一番差が出るのが特別控除額。白色は0円に対して青色は最大で65万円の控除を受けられるので、大きく節税することができます。

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今後も電脳せどりで大切なポイントを記事化していきますので、ぜひ他の記事も参考に!

また、利益商品の情報を毎日シェアするオープンチャットも運営中です!気にある方はこちらのリンクをチェック!

よしお運営のオープンチャットをチェックする!

楽天ポイントせどりで今すぐ利益をあげたいあなたへ



仕入れるだけで利益が見込める、楽天ポイント利益商品を100商品集めたリストを無料配布中です!

よしお社長のLINE公式を友達追加してくれた方に無料プレゼント!

今すぐボタンをクリックして友達追加してください^^↓↓↓

今すぐよしお社長を友達追加する  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です